Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年9月

9月27日

誕生日でした。

三十路デビューです。

楽しかった20代。

もちろん、30代も楽しくいきたいけれど、やはり実りの大きな歳にしていきたいな、と思います。

子供が生まれて、priorityが自分では無くなったせいかなぁ。

誕生日に重きをおいてきた私も、あまりそんな事無くなったかも。

昔は誕生日だから、パーティーとか、彼氏がいない誕生日が寂しい!とか思ってたけれど。

今は、派手な事はなくとも、美味しいケーキにろうそくさえあれば、満足(●´ω`●)

単に、歳をとっただけ!?

イベントに無頓着な旦那ですが、フランクシナトラ風に(笑)
happy birthdayの歌を、熱唱してくれました。

これからも、素敵に歳を重ねていきたいなと思います。

メッセージをくれたみなさん、ありがとう~(○´∀`○)

image

余談ですが、このチーズケーキ、ふわとろで美味でした♥

Read Full Post »

うちの長男インカ、2歳。
人間の年でいえば、今は思春期真っ盛りといったところ。

趣味「狩り」

家に侵入した獲物は逃さない。

過去にはムカデに「おろろ~」と聞いた事もない声をあげ、ジャブをくらわせていた強者。

ここ数日、玄関にとかげがいるようで、大興奮。
掃除してたら、しっぽだけ出てきて、どきっ!とした(゚Д゚)

翌日、しっぽがない状態でいるのを発見。で、逃がした。

蝉、バッタ、クモ、かまきりとか。
捕まえて遊ぶだけで、後処理は私。

虫、慣れたからいいけどさぁ~
( ̄△ ̄)

昨晩は、何かガタガタやってるな、と思ったら。

3センチくらいのとかげの赤ちゃんが、餌食に。。。

そして、仏間の障子がとんでもないことに!!!

image

この矢印のとこ、拡大。

image

かなりの高さを飛んでます。
垂直飛び、金メダルもんです!

爪跡が、くっきり(゚ロ゚)

狩りをしたら、後処理もお願いします。

Read Full Post »

meow

じったんが、パパやママの他に言えるようになった言葉は、

「にゃーにゃ」や「にゃーちゃ」

からの、物真似?も覚えた。

インカや近所の猫が鳴くと、じったんも真似して鳴く。

でも「にゃ~お」ではなく、

「あ~う」だけど( ´艸`)

ちゃんと抑揚をつけて、猫が鳴いてるみたいに、言うからかわいい♥

ちなみに、私や旦那が猫の真似をしてもやります。

猫の絵本、キャットフードのパッケージの猫を見ても、言ったりする。

猫が大好きなじったん。
どうやら、何かにじゃれたり、走り回ったりしてるのを見るのが、楽しいみたい♪

いつも追いかけ回されて、時々、悲鳴をあげてるけど、、、(´・ω・`)

じったんの笑顔を、なにもしないでゲットできるのは君だけだ!

image

Read Full Post »

衣替え

暑さ、寒さも彼岸まで。
とはまさに。

すっかり涼しくなりましたね。
蝉の鳴き声は消えて、とんぼが飛んでます。

我が家も、衣替えをしました。

サンフランシスコは、真夏がないから、一年を通してだいたい同じものを着てたので、衣替えの必要なし。

久々の季節行事?

じったんの服は、もう来年の夏には着れなくなってる。

寂しい~!似合ってたのに!って思う服がたくさん。

子供の成長ってすごいなぁって、改めて思う。

しかし、代わりにやっと着れる位、大きくなった!ってのも。

image

妊娠中に編んだポンチョと帽子!

デザインが気に入って、編んだけど、ちゃんと似合う顔の子が産まれてきたわ(笑)
よかった(´▽`)

まだ着るには早いけど、この冬には活躍すること間違いなし♪♪♪

Read Full Post »

お彼岸には、、、

「お彼岸には、お墓参りに行こう!」って、子供の頃に仮面ライダーが言ってた。

戦闘ヒーローに言わせて、日本のトラディショナルを、子供に根付かせようとしたんだろうな~。

子供ながらに、仮面ライダーが!?ってびっくりしたから、まだ覚えてるんだと思う。

話の内容も、確かお墓参りに行かない人たちが襲われる、的な。

怪獣に襲われるわけにはいかないので、お義母さんと一緒に、お墓参りに行ってきました。

ここ唐津の家は、旦那の母方のおじいちゃんの家なので、現在お世話になりまくってますから。

じったん、隣のお墓に供えられたペットボトルが欲しくて、墓によじ登ろうとする「罰当たりもの」

(´д`)

おじいちゃん、いつもお世話になっております。
これからも見守っていて下さい。

しっかり、手を合わせてきました。

しかし、一番手を合わせないといけないのが、ここに。

墓参りできませんから、代わりにあなたの分までお礼、言っときました。

image

誰よりもこの家を満喫している、我が家の長男なのでした。

image

みなさん、お彼岸には、お墓参りに行こう!!!

Read Full Post »

hello, hello?

ご存知の方もいると思いますが、うちの旦那は、顔が濃い。

帰国した時も、私のいとこの子供に外国人だと思われていた。

一昨日は一日中、野外の撮影で真っ黒に日焼けして帰ってきた。

昨日、友達の家に遊びに行き、近くのスーパーに、ひとりでお菓子を買いに行った旦那。

レジに並んだら、他のレジから

「こちらのレジにどうぞ~!」

と声がかかり、行こうとした瞬間、

「あっ。ハロー!ハロ、ハロー!」

と言われた。

(・∀・)(・∀・)(・∀・)

店員さん、あっ!って。
日本人ちゃう!って気がついたんだね。

image

確かに、ナバホのブルース・リー(過去ブログ参照)と並んでも、同じネイティブなんだ~って感じだもんね。

でも、本人、たまに傷ついてます。

Read Full Post »

 

旦那がBook offで「幼児に聞かす 日本昔話集」という本を買ってきた。

毎晩、自由を背負いながら、歩き回りつつ、この本を読んで寝かしつける事にした。

 

桃太郎、一寸法師など、知っている話から、タニシ長者、うりこひめなど、知らない話も色々。

 

さて、この「うりこひめ」を読んでいたら、子供に読み聞かせるべきか!?というラスト。

 

アマンジャクに、大事にしていたうりこひめを、殺されてしまったおじいさんとおばあさん。

〈おじいさんとおばあさんは、かんかんに怒って、アマンジャクを血が出るまで殴りつけました。
それでも気がすまず、カヤの間をずるずるひっぱりまわしました。

いまでもカヤの根っこが赤いのは、その時のアマンジャクの血がついたからだということです。〉

おじいさん、おばあさん、、、

 

怖っっ(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)

 

エネルギーありまくりやろ!!!

ほんまに、年寄りか!?

 

と、読んで思わず「怖っ」て声に出た。

 

原話は、秋田県の昔話からだそうですが、やはり秋田。
なまはげで、いたいけな子供を震え上がらせるだけある。

Read Full Post »

Older Posts »