Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2010年7月

サンフランに住む様になって、日々思うのが。

アメリカ人ってよく、

「I like your ◯◯」

と互いにアクセサリー、服、帽子、チャリ、車、とにかくなんでもいいと思ったものを相手に伝える。

相手が仕事中であろうと、道ですれ違う時であろうと。

今では自分も誰かかわいいもの身につけてたりすると、自然にその言葉がでてくるようになった。

日本じゃまずないよなぁって思う。赤の他人にいきなり自分のモノを褒められるっていうのは。

こういう気軽に『イイね!』って言い合えるのは好きな文化です。

自分の身につけてる物褒められて悪い気分になる人なんていないはずやもん。実際言われたら嬉しいもんね。

たった一言でみんなでHAPPYになれるんやもん。

広告

Read Full Post »

つちこ、サーフィンデビューしました!!!!

立つのはまだ無理やったけど、何度か波には乗って若干感覚はつかんだ!

ここへ来て自分がサーフィンするようになるとは思わなかったけど。人生、遊びのチョイスは多い方が楽しいしね☆                      前回ブログでも紹介したSOUTH180°の影響もあって。

頑張ります☆

で、海に行ったあと、体力補充、ここはやっぱ

”肉”

といくことで、日本町にあるしゃぶしゃぶ屋に向かう。

しかし新しくOPENした韓国焼き肉屋、その名も『YAKINI Q』に行ってみた。今なら食べ放題で$22.99!

怖いものみたさも若干ありつつ、(だってこの価格やし)

名前からいっても若干日本を意識した感じ。メニューも日本語表記あり。

一同、

「カ、カルビ肉いじくり」

って何!?

英語表記では味付けカルビ的な感じなのに、何で日本語はいじくり!?

更にrice cake paperが何でか、

「堂一堂ボツサム」

これ、ねらってやってるならすごい。

しかもビールのピッチャー頼んだら、まさかの

ペットボトルビール!!!!!初めて見た!!!!

カルビ肉いじくり。。。。。何度もつぶやきながらも一行の目的はホルモンなのでおかわりしまくり。

豚トロもうまかったーーーー。

しかしコリアンなのでレモン汁を使わない為、レモンないとか言われたのが残念。次はマイレモン汁持参か?

Read Full Post »

SF=San Francisco

SF=Science Fiction

パラレルワールドで汗びっしょり。

踊り散らかしたー。

有り余ってたエナジー発散のサタデーナイト★

Read Full Post »

携帯を基本、パンツのポケットにいれている為、トイレに行くとどっかしら平らな部分に携帯を置く。(トイレットペーパーホルダーの上とか)

昨晩、バーにて。

トイレいってみんなのとこ戻って、しばらくしてから

!!!!!!!!!!!!!!

携帯置きっぱなしや!!!!!!!

あわてて戻るも、携帯は置いた場所に無い!

やってもうたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

丁度同じタイミングでトイレに行った友達があたしの後に入った人を憶えてたので聞きにいくも、知らない。の一言。

バーテンに聞いても届いてないし、明日電話してと一蹴。

iphoneが出て来る訳が無い。無くしたら最後。

それに写真とかメールとか色々思い出が。。。

泣きそうになりながら、もう一度彼女の後が誰だったか憶えてないか聞きにいったけど、疑ってるように思われ気分を害してしまった。

入り口近くで友達に慰められつつもだだ凹み。

すると、一人の男の人が

「何か無くしたの?」

ま、まさか!!!!

「うん、iphone…..」                           「白?黒?」                              「どっちでもない、2Gだからシルバーと黒」

彼、少しバーテンと話す。 

バーテンがスクリーンは何だったか?って聞いて来て答えると。。。。

差し出されたのは、

my i phone!!!!!!!!!   

世の中にはいい人がいるもんだ。まず戻って来ないものが戻って来た!

彼に一杯おごり、乾杯。

半泣きでビール飲みなおしました(笑)

みなさんも携帯の紛失には気をつけましょう。特にi phone.            

Read Full Post »

サンフランシスコというゲイの多い街に住む様になって、めっきりゲイとつるむ率が増えた。いや、住んでもこれといってゲイの友達はいません、みたいな女の子もいっぱいいるんやけど。

基本、ゲイのみなさんはドラマクイーンなので何でもドラマにする。喜怒哀楽も激しい人が多いし、てかみんなオープンだから好きなんだよね。

感情を隠さない、とことん自分に正直、本能のままに生きてると思う。基本、みんな自分に自信があって自分が主役の人生を謳歌してると思う。

最近仲良しのバスク人のゲイJのお友達は、サンフランに遊びに来てまだ5日だってのにさっそくネットでデートの相手を見つけてデートしてた。

仕事が速い。

ゲイの街にあるレストランで働いてるから、客は85%くらいゲイなんだけど、先日もJと彼の彼氏Dが食べに来てくれて、(Dはここらじゃ顔知れたダンサー)他の客が早速Dの事を話題にしてる。

T「彼について話してる?」と声をかけると戸惑った様子。             T「彼、あたしの友達なの」                           客「あ、そうなの?時々彼の事みかけるから。。。」              T「あぁ、彼ダンサーだもんね。。。。彼、セクシーだもんね、でしょ?」         客「そうなのーーーー!!!(たまんないわ)」

って会話があってから数日後また食べにきたお客が入って来たとたんに、

「あなたのお友達はどこかしらぁーん?」

使える便利なものがあるなら使ってなんぼ、ネットでの出会いは基本のき。    コネは作ってなんぼ。

出会いに貪欲

あたしのゲイ能界入りに最も深く関わっている聖子ちゃんが色んな事を教えてくれたので、よく他のゲイ友達によく知ってるねーって感心されます。(笑)

なんていうか全く持って未知の世界でありながら、『女』という共通点を持ち合わせているわたしたち。興味深いんですよね。

そしてゲイしかいないとこに遊びに行くと周りが女になんぞ用はなか!!!って方々ばかりなので、非常に遊びやすい。

サンフランに来てすっかりゲイ能界入り果たした

おこげつちこ

でした。

だっっておもろいキャラ満載なんやもん。

Read Full Post »

うちの学校、週に2回午後にmovie classてのがあって、映画1本見たら授業出た事になるのね。

で、こないだ初めていってみた。出席率カバーする為午後のクラスも取ろうとしたけど何か授業受ける気分になんなかったから。

で、その時の映画がサンフランで撮影された映画やった。

“The other sister”

(日本語タイトルはカーラの結婚宣言)

主人公は軽度の知的障害の女の子。彼女が自立していく様を描いた映画。

三姉妹の末っ子で上二人は健常者なんだけど長女はレズビアン。そんな娘3人と母親との家族劇あり、主人公が普通高校に通う事に挑戦し、そこで出会った同じく知的障害を持つ男の子との恋愛模様などがサンフランの町並をベースに描かれてる。

見てて何度か泣きそうになった。

自分が暮らす街で撮られた映画って好き。

movie class、これからは毎週取るようにしようと思う。

ちなみに何でタイトルがオリーブジュースなのかは、映画を見ればわかる!

Read Full Post »

今日、スペイン人のクラスメイトと天気がいいので太陽の下、ビール飲みにバーへ。

スペインの女はパワフルで勢いがあるから好きだ。

つちこの憧れの国”スペイン”

スペイン語が好きだから、スペイン語で会話したいけど、彼女たちの話す速度

新幹線か!

ってくらい速い。ついてけませーーーん!(わたしは各駅の井の頭線くらい?)

行くならやっぱバルセロナ!!!ってわくわくしてたんですけど、マドリード出身の彼女たちいわく、バルセロナの人々はカタルーニャ語でしか会話したがらない!そうな。

スペイン語(カスティーリャといった方がいいのかも)が話せるのに、スペイン語で質問するとカタルーニャ語で返事。そして彼女はカタルーニャ語はわかりません。

会話になんない。

アメリカ人でスペイン語を話せる人がバルセロナに旅行した時のこと。          スペイン語で話しかけたら、英語かカタルーニャ語にしてくれない?と言われたそうな。

自分たちの言語を守りたい、誇りに思うのはいいんですけどそれはあんまりなような気もする。もちろんみんながみんなでは無いけど。

大阪人も標準語嫌うけど、会話はなりたつもんねぇ。

バルセロナに行きたいと強く思ってる私、カタルーニャをマスターせなバルセロナのみなさんと仲良くできないのかしら??と不安になったのでした。

Read Full Post »

Older Posts »